株式会社 佐徳 様

不安に思ったことはすぐに相談し、リモートで対応してもらっています。大きな病気になる前に予防ができるお医者さんのような存在です。

 

Q1:御社について教えてください

・漬物、おこわ、お菓子の製造販売
・店舗直販、通販、物産系卸、量販系卸の販売形態

Q2:システム開発を依頼するきっかけや課題は?

会長の時代からのお付き合いです。
PCが普及する前の時代に、製造管理からスタートしています。
誰が作業しても同じ品質の漬物が作れるようにするため、材料や分量などをシステムで管理するようになりました。

その後、卸売販売管理や通信販売管理、勤怠管理をシステム。
当時はテナント等の複数拠点で、なおかつ複雑な勤務パターンがあり、締日に手作業でタイムカードのチェック、集計等を行っていました。
システム化してリアルタイムなチェックが可能となり、締日処理の仕事量を削減できました。

Q3:どのような解決策を想定していましたか?

・効率を上げ、利便性を高めたい。
・データを収集し、販売の方向性決定や、製造コスト削減につなげたい。

Q4:どのようにセーブを知りましたか?

会長の時代からのお付き合いです。



Q6:セーブへ依頼して良かったと思えるエピソードは何ですか?

要望に合わせてシステム構築してもらえます。
日頃からPC関連でわからないこと、ちょっとしたことが気軽に相談でき、遠隔操作で対応してもらえるので安心して使用できています。

Q7:セーブは御社にとってどのような存在ですか?

迷惑メールなどは対処を間違うと後から大きな問題に繋がりかねないので、不安に思ったことはすぐに相談し、リモートで対応してもらっています。
大きな病気になる前に予防ができるお医者さんのような存在です。
相談できる相手がいない場合は、自分たちだけで解決しないといけません。

お取引先も今はまだ紙の請求書が多いですが、これからはペーパーレスの時代。
電子帳簿保存など新たな仕組みに対応していく上でも、アドバイスをもらいながら運用をしていきたいと思います。

Q8:今後、セーブを上手に活用する方法は何ですか?

変化の早いデジタル化の時代に対応しながら、これからも継続した運用を行っていきたいと考えています。
定期保守サービスは気軽に相談がしやすいです。
PCやネットワーク、システムの問題は切り分けが難しいため、何かあればすぐに相談しています。

Q9:セーブと一緒にどんな成果・成功を目指したいですか?

漬物業界も作り手がどんどん減ってきている中で、卸売りではなく、自分たちで作ったものを自分たちの手で売る形へシフトしてきています。
今後もネット販売に力を入れていきたいと考えており、更に使いやすいシステムが必要になってきますし、SNSでの発信もしていきたです。ぜひお手伝いをお願いしたいです。

Q10:他の企業に向けてメッセージをお願いします

幅広い分野に対応するスペシャリストがいますので、漠然とした内容でも、まずは相談してみてください。
補助金の活用など、気軽に相談に乗ってくれます。


 

企業紹介 株式会社 佐徳 様
所在地:山形県鶴岡市宝田2-9-79
Webサイト:https://satoku.co.jp/


 

ご質問・お問い合わせはお気軽にどうぞ

日常の困ったというお声に対し
実現可能性の高い、最適な方法をご提案させて頂きます。
お気軽にご相談ください。

ご質問・お問い合わせ、デモンストレーションの
ご依頼はこちらまで

TEL: 0235-24-7116
(平日 9:00~18:00)