システム開発
鋼材切断自動計算システム、手計算では膨大な時間を費やす鋼材の取り合い計算を、自動的にかつ瞬時に行えます。各鋼材に合わせて定尺を任意に入力できます。在庫も入力可能で、端材を優先的に使用するように計算します。定尺にはのびしろの誤差と切断の刃幅を入力することにより、より厳密な計算を行います。エクセル入出力に対応

特徴
Microsoft® Windows® XP(SP3以降)/Vista/7/8/8.1/10 (Fall Creators Update 1709まで動作確認済み)対応です。new
手計算では膨大な時間を費やす鋼材の取り合い計算を、自動的にかつ瞬時に行えます。
各鋼材に合わせて定尺を任意に入力できます。
在庫も入力可能で、端材を優先的に使用するように計算します。
定尺にはのびしろの誤差と切断の刃幅を入力することにより、より厳密な計算を行います。
切断ロス減少アプローチと切断工程減少アプローチの2つの計算方法が選択ができ、用途に合わせた使い方ができます。
切断ロス減少:切断による端材(余り)を少なくするように計算を行います。
切断工数減少:切断する工程数を少なくするように計算を行います。
エクセル入出力に対応しています。
インポート用に作成したExcel® ファイルから入力データをインポートできます。
また、計算結果をExcel® ファイルにエクスポートできます。

Ver.2からの変更点
Microsoft® Windows® 8/8.1/10 (Fall Creators Update 1709まで動作確認済み)に対応しました。new
定尺を任意の長さで入力できるようになりました。
エクセル出力時に、帯グラフ表示での結果出力に対応しました。

必要システム構成
OS Microsoft® Windows® XP/Vista/7/8/8.1/10 (Fall Creators Update 1709まで動作確認済み) new
CPU 上記OSがサポートするCPU
ディスプレイ 解像度 1024×768以上 必須
光学ドライブ CD-ROMドライブ 必須
ハードディスク 5GB程度の空き
メインメモリ 上記OSがサポートするメインメモリ
日本語入力ソフト Microsoft® 社製 IME® 推奨
その他 Microsoft® Excel® 入出力機能を利用する場合は、Microsoft® Excel® 2007 以降が必要。
※サービスパックは最新版を適用

試用版
試用版はありませんが、代わりに以下より操作説明書(pdfファイル)がダウンロード頂けます。
操作説明書 ダウンロード
また、計算機能をご検討頂くために、メールでお送りするExcel® ファイルに数値を入力してご返信いただければ、その内容で試算を承ります。
詳細については、弊社サポートまでお問い合わせ下さい。

注意事項
パソコン1台に対し、1ライセンスが必要です。
※複数ライセンスをご購入の場合は、御見積させて頂きますので、お問合せください。
管理者権限(Administrator権限等)のあるユーザーアカウントでセットアップして下さい。
※管理者権限(Administrator権限等)のないユーザーアカウントには対応しておりません。
セットアップしたユーザーアカウントで実行して下さい。
※別のユーザーアカウントでは実行できません。
Microsoft® Excel® 2007 以降がインストールされていない場合は、エクセル入出力機能は使用できません。
Microsoft® Access® 2010 Runtime版 (同梱済)で動作します。

画面・出力表他
メイン入力画面
計算結果出力例

購入方法と価格
弊社に直接ご注文を頂く場合
鋼材切断自動計算システム Ver.3   48,000円+消費税


商品発送について
CD-ROM版での出荷となります。ご注文後、最短で翌営業日に発送いたします。
発送費用については別途ご案内いたします。

お支払方法について
ご都合にあわせて承りますので、お問い合わせください。
・銀行振込・郵便振込
・商品に同封してお届けする振込票(郵便局・コンビニエンスストア)
  (商品到着後10日以内にお振込みください。)
・配達業者による代金引換 (代引手数料については別途ご案内いたします。)
Vectorにて購入いただく場合は以下よりご購入ください。

鋼材切断自動計算システム Ver.3ダウンロード

ご質問・お問い合わせはお気軽にどうぞ
日常の困ったというお声に対し、実現可能性の高い、最適な方法をご提案させて頂きます。
お気軽にご相談ください。